MENU

借金が結婚のときにバレないようにしたい|どうすればいい?

結婚するときに借金のことがばれてしまうと破局してしまう可能性がありますよね。借金に厳しい人もいますし、ご両親が反対する可能性も十分にあります。

 

結婚した後も、取り立てがきたりすればすぐにばれてしまいます。借金地獄でどうにもならない状態であればあるほど、結婚時にばれやすくなります。

 

ではどうすればいいのでしょうか?借金の返済がばれないためには、借金の返済額を減らして、小遣いの中で返済できるようにすること。そして家に取り立ての電話や取り立てが来ないようにすることです。

 

借金結婚

 

そのためにどうすればいいのか?

 

それは法律の専門家に相談することです。日本には借金まみれでどうにもならない状態の人を救ってくれる法律があります。

 

債務整理というものですね。債務整理や弁護士、司法書士などという名前が出てくると少し身構えてしまうかもしれませんが、実は難しくないですし気軽に相談できます。

 

債務整理を利用すると、すぐに借金の取り立てを止めてもらえますし、借金を減額して現実的に支払える金額にしてもらえます。さらに借金に金利がかからなくなるので、元本をどんどん減らせるようになります。

 

唯一のデメリットといえば、3年〜7年くらい新たにクレジットカードを作れなくなることくらいです。クレジットカードを作れない期間に更生できることを考えるとむしろメリットかもしれませんね。

 

クレジットが作れないことなどよくあることなので、それくらいで配偶者の方に借金がばれることはないでしょう。むしろ、今のままの生活を続けているほうが借金がばれる確立が格段にあがってしまうでしょう。

 

好きな人と結婚したり、結婚後も仲良くやっていくために必要なウソはあります。借金なんて解決できるなら言わない方がいいことです。そしてバレないように努力すればいいことです。

 

借金のことが嫌いな人って多いですから、ばれないうちに解決させてしまいましょう。

 

今便利なサービスがあって、無料で匿名で利用できるものがあります。これを利用すると、あなたの借金問題を解決する最良の方法はどんな方法なのか?を教えてくれます。

 

またあなたの状況にあった弁護士や司法書士を紹介してくれます。電話番号がでてくるので、もしわからないことがあれば聞いてみるといいですよ。無料で相談できますし。

 

借金の相談ってなかなか身近な人にできないので、自分で抱え込んでしまう人っておおいですが、弁護士や司法書士には借金の相談ってできるものです。しかも親身になって解決策を考えてくれますからね。

 

まずは一歩を踏み出すことです。私の場合もその小さな勇気で人生が大きく変わっていきました。あなたの借金問題が解決することを祈っています。

 

 

昔からの夢を叶えるため

私の友人は、飲食店をするために、銀行から1000万円お金を借りていました。

 

その友人は、昔から飲食店をしたいと言う夢があり、イタリアにもパスタの修行に行ったりと、色々なことに挑戦していました。

 

日本に帰ってきて、お店を出そうとすると、家賃などが大変なので、小さなお店ですが、建てることに決めました。

 

毎月のローン返済が五万円ですが、家賃を支払っていると思えば、全然苦にもならないし、楽だと友人は言っていました。

 

それからお店を開店し、起動に乗りはじめ、ローン返済もあと二年にまでなりました。

 

あと二年ローン返済をすれば、自分のお店として手に入ることを、友人は嬉しそうに話していました。

 

1000万円もの借金をしてまでお店を始めると聞いたとき、最初はどうなるかと不安もありましたが、今では友人が楽しそうにお店をしているし、結果として良かったなと思いました。その後彼は結婚までしましたしね。

 

あと二年、ローン返済をして、また新たな目標に向け頑張っていってほしいです。

 

借金結婚

完全なる奨学金貧乏です

奨学金の返済で食べるのにも困窮しているときに、友達がお金を貸してくれました。10万円を銀行で引き出してから、そのまま封筒ごとポンと渡してくれて、彼女のやさしさに涙が出ました。

 

食事はほぼ一日一食という生活をしており、お昼ご飯の社食のみで食いつないでいたような状況です。実家に頼ろうにも、両親は年金暮らしで自分に送金するほど余力があるわけではないのです。どちらかというと私の方が親を助けてあげなくてはいけない立場なのです。

 

友人の10万円のおかげで、その月を生き延びたと言っても過言ではないと思います。本当に、本当に助かりました。社食はプリペイドカードみたいなものに入金したものから支払うのですが、それがだんだん減ってくると悲しい気持ちになりました。友人からのお金で、好きなものを食べてみました。すごくうれしかったです。やさしさが身にしみました。

 

借金結婚

 

今は、お金を1万円ずつ返しています。返済が厳しいときもありますが、がんばって返して行きたいと思っています。でもこんな状況で結婚なんてできるのか心配です。借金しない生活をしたいものです。

お金を貯める為に借金をするという話

昔、理容師をやっていた母から聞いた話です。理容学校時代の母の先生の奥さんは、独特の考え方の持ち主で「貯金する為に借金をする」という事をしていたのだそうです。この話を聞いて、私は結構、衝撃を受けましたので、かいつまんでご紹介させて頂きます。

 

そもそも、理容師は、借金とは縁が切れない仕事らしいです。母の時代は、学校を出ると、開業している店に「住み込み」で修行をさせて貰うのが普通だったそうです。

 

それが終わって一人立ちするとなると、どこかに店を出さなければなりません。当然、ここで借金をする事になるワケです。しかし、理髪店というのは、完全な現金商売です。一人当たりの単価を考えても、安くは無いわけで、「日銭」が入る商売としては悪くないらしいです。

 

という事で、無理して店を持った人も、「いつの間にか、借金は返していた」という事になる人が多かったそうです。結婚することもあるでしょうしお金はいつでも必要ですからね。

 

借金結婚

 

これを常に見てきたのか、件の「奥さん」は、いきなり銀行から借金をしてしまうのだそうです。そして、そのお金は、別な銀行に預けてしまう。借りた銀行からは、銀行員が頻繁に借金を取り立てに「来てくれる」ので、少額づつそれを返済するだけです。

 

無論、手元に無い時は、「少額だから待って貰える」わけで、生活には全く響きません。要するに、銀行員を上手に使う事で、100万、200万という金額の貯金を「いつの間にか」作ってしまう、という事をしていたのだそうで・・・。

 

何か、発想の転換と言うか、「頭が良い人は違うんだな」と思わされた話でした。